PR

業務用パソコンでアダルトサイト1220時間 神戸大職員を停職6カ月

PR

 業務用パソコンでアダルトサイトを約1220時間閲覧したとして、神戸大は2日、40代の男性事務職員を停職6カ月の懲戒処分にした。昨年12月に匿名の投書で発覚したといい、職員は「仕事の合間の息抜きだった」と釈明している。

 同大によると、職員は平成28年から文書管理や人事労務などの仕事に従事。その間、業務用のパソコンで会員制投稿サイト「ピクシブ」のアダルトコーナーにアクセスし、漫画やイラストなどを閲覧していたという。記録が残っている2年間の総閲覧時間のうち、勤務時間中にあたるのは約730時間だった。

 同大の水谷文俊理事は「誠に遺憾で、大学として厳しい態度で懲戒処分を行った」とコメントした。

この記事を共有する

おすすめ情報