PR

「捜さないで」とメモ…兵庫・赤穂のキャンプ場で母親と乳児が行方不明、7キロ先の海岸で女性遺体発見

PR

 兵庫県赤穂市の40代の母親と生後2カ月半の次男がキャンプ場に出掛けたまま1日から行方不明になっていることが2日、赤穂署への取材で分かった。同署などは3日午前8時半ごろから捜索を再開。キャンプ場の西約7キロの海岸で30~40代とみられる女性遺体が見つかり、身元や関連を調べている。

 赤穂署によると、1日午後6時10分ごろ、赤穂市御崎のキャンプ場「市立野外活動センター」の駐車場で、長男(4)が泣いているのを通行人が見つけ、署に通報。駐車場には母親の軽乗用車が止まったままで、車内から「捜さないで」と書かれたメモが見つかった。

 キャンプ場は、JR播州赤穂駅から南東に約3キロの瀬戸内海沿い。

この記事を共有する

おすすめ情報