PR

中部空港で客の荷物から白煙 PCバッテリーが発火か

PR

 13日午後8時ごろ、中部空港(愛知県常滑市)の旅客ターミナルビルで、客のキャリーケースから白煙が上がった。空港職員が消火器で消し止め、けが人はなかった。中部空港署は、ケースに入っていたノートパソコン用のリチウムイオンバッテリーが発火したとみて原因を調べている。

 同署によると、ハワイに向かう予定の50代の日本人夫婦が、手荷物検査を通過した後の制限エリアにある免税店で買い物し、品物をしまうため通路でケースを開けたところ煙が出た。中のバッテリー2個や充電用のコードが焦げていたという。

この記事を共有する

おすすめ情報