PR

覚醒剤1・6キロ所持 7千万強盗致傷事件指示役の組幹部逮捕

PR

 覚醒剤約1・6キロ(末端価格約9600万円)を密売目的で保管していたとして、大阪府警薬物対策課は27日、覚せい剤取締法違反(営利目的所持)容疑で、指定暴力団山口組弘道会系組織幹部、伊藤仁容疑者(47)=山梨県富士吉田市新西原=を逮捕した。府警は覚醒剤密売が組織の資金源になっていたとみて調べる。

 府警によると、大阪ミナミの貴金属買い取り店近くで昨年4月、金塊を換金した直後の現金約7千万円を奪われそうになった事件で、伊藤容疑者は指示役を務めたとして逮捕されていた。その捜査過程で、潜伏先の車から大量の覚醒剤が見つかった。

 逮捕容疑は2月5日、山梨県内のホテル敷地内に駐車した乗用車内で覚醒剤約1・6キロを保管したとしている。府警は認否を明らかにしていない。

この記事を共有する

おすすめ情報