PR

車道に横たわる男性、気づかず車でひいた疑い 高知・四万十市の保育士逮捕

PR

 車道に横たわっていた高知県職員の男性(42)をひいたとして、高知県警中村署は25日、自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、同県四万十(しまんと)市立保育園の保育士(23)=四万十市=を逮捕した。男性は意識不明の重体。

 逮捕容疑は25日午前0時半ごろ、四万十市佐岡の県道で横になっていた県職員の男性=高知市=に気付かず、軽乗用車でひいたとしている。

 中村署によると、容疑を認めた上で男性職員に気付かなかったと供述。男性職員が横になっていた理由を調べる。

 県によると、男性職員は学校安全対策課の主幹を務めており、仕事で四万十市を訪れていた。

▼【関連ニュース】予算なくアイドル不在…高知「むろと廃校水族館」が想定外の大ヒットした理由

この記事を共有する

おすすめ情報