PR

渋谷すばる「ひとりひとりとチューしたいくらいの気持ち」 カンテレ「ジャニ勉」最終収録

PR

 今年末にジャニーズ事務所を退所する関ジャニ∞の渋谷すばるが25日、カンテレ「関ジャニ∞のジャニ勉」(7月4日深夜0時30分、関西ローカル)の最後の収録に臨んだ。渋谷は「最後はジャニ勉らしく、関ジャニ∞らしくできたらな~と。ひとりひとりとチューしたいくらいの気持ちです」とちゃめっ気たっぷりに心境を語った。

渋谷すばるが最後の収録に臨んだ7月4日放送の「関ジャニ∞のジャニ勉」(カンテレ提供)
渋谷すばるが最後の収録に臨んだ7月4日放送の「関ジャニ∞のジャニ勉」(カンテレ提供)

 平成19年5月に放送を開始した「関ジャニ∞のジャニ勉」は、横山裕、村上信五、丸山隆平、安田章大、錦戸亮、大倉忠義、そして渋谷の7人のメンバーが、隔週で地元の大阪に帰ってきて、カンテレ本社で収録する番組で、グループにとっては最長となる番組。毎週ゲストを迎え、ゲストとメンバーがそれぞれ「ゆずれないこだわり=頑固道」について熱く語り合い、メンバーがロケにも繰り出すという内容だが、7月4日放送分は特別版としてメンバー7人のみで収録した。

 「関ジャニ∞のジャニ勉 特別編~あおっぱなでも前向きに元気がでちゃうSP!~」と題して、関ジャニ∞の歴史と「ジャニ勉」11年の歴史を重ね合わせながら総ざらいする。「師匠」「へびおじさん」「たこ焼きマン」といった番組内で生まれた名物キャラクターをはじめ、数々の名シーンを生み出してきた関ジャニ∞の成長の軌跡を、VTRと年表で振り返る。

 VTRは番組スタッフが11年分の合計557回の放送を確認し、えりすぐりの名場面を集めてまとめた。VTRを見て、当時の思い出や裏話をメンバーで語り合う“7人でのジャニ勉の集大成”となっている。

 「俺らのアルバムみたいな感じやん!」という錦戸に、「これだけやって振り返ったことないもんね」と横山。大倉と「11年間ムチャぶりされ続けてきたな」。渋谷も「ちょっとこういうの恥ずかしいな。おもろ~!!」と笑う。村上が「もっとええとこあったはず」とスタッフに苦言。また、丸山は「箱根ロケでは、僕とヤス(安田)でギャグをやったね」と思い返し、安田も「亮と行ったロケがきっかけでハマるものを見つけた」と口々に思いを語り合った。

 最後の収録に臨んだ渋谷は、自身を育ててもらった大切な場であると番組への感謝の気持ちを表した。

 6月27日は、深夜0時30分放送。横山と渋谷が3週にわたって大阪・扇町のカンテレ界隈を町ぶらする最終週を放送。最後のロケで、2人は何を語りあったのか。また、最後にとんでもない事態が発生する!? このロケも感想についても、7月4日放送の特別編で披露される。7人の「ジャニ勉」はこれで見納めだ。

この記事を共有する

おすすめ情報