PR

【石野伸子の読み直し浪花女】竹林の隠者・富士正晴(2)大荒れに荒れ、解散論も

PR

昭和25年撮影の例会風景。すでに内部抗争があったが雰囲気は明るい(富士正晴記念館提供)
昭和25年撮影の例会風景。すでに内部抗争があったが雰囲気は明るい(富士正晴記念館提供)

 同人誌「VIKING」( http://viking1947.com/ )は昭和22(1947)年10月にスタートした。とじる糸がないため折りたたんだだけの冊子。ガリ版刷りのこの貧弱な冊子は、どこの同人誌よりも息長く70年の歴史を刻み、航海を続けている。

▼同人誌 VIKING 公式ホームページ(外部サイト:http://viking1947.com/ )

 ずっと順風満帆だったわけではない。ときには発行人も沈没したかと思うほどの荒波にもまれた時期もある。とりわけ、初期の航海は厳しかった。

 その初期のVIKINGを復刻した「初期VIKING復刻版」が昨年、三人社(京都市)から出された。全7巻・別冊1巻の大著。創刊号から昭和28年3月発行の47号までを復刻したものだ。

 復刻版で解説を書いた富士正晴記念館職員でVIKING同人の中尾務さん(69)は、「何度もあった危機を乗り越えることができたのは、発行人の富士正晴に強い意志があったから。それだけに内容も執筆陣も充実して読み応えがある。なぜ同人誌なのか、なぜVIKINGなのか、初期の混乱には同人誌をめぐる真摯(しんし)な問いかけが含まれている」と語る。

 真摯な問いかけとはなにか。

 富士は戦前出していた同人誌「三人」の復刊を願って、復員した翌年に「VIKING」を創刊した。戦前の仲間がすべて再結集することはなかったが、その流れをくむ人たちや、詩人・伊東静雄を通じて知り合った人々が同人になった。

 伊東静雄を通じた知人の一人が島尾敏雄だ。島尾は戦後、神戸で教師をしながら、九州大学の同窓生だった庄野潤三らと同人誌を出した時期もあったが雑誌は長続きせず、知己を得た富士に誘われ、「VIKING」に参加したという形だ。一方、富士の方は島尾の参加に強い思いを寄せている。

 「島尾敏雄とつき合っているうちに、ひょいとVIKINGという標題の雑誌をやってみたいと考えました。それはひとえに島尾の自家版の短編集『幼年記』のうちにひそかに鳴りひびいている語感、言葉に対する微妙な感覚にほれこんだからと言えましょう」

 これは「仮想VIKING50号記念祝賀講演会」における富士の言葉だ。

 しかし、先の復刻版解説の中で中尾さんは、富士が実際に「幼年記」を読んだ時期と準備段階にはズレがあるのに、なぜ島尾とVIKING創刊を結びつけるのだろう、と疑問を呈している。富士はその後もしばしば「島尾のためにVIKINGを創刊した」という発言を繰り返している。

 それほど島尾の存在は大きかったということか。

 実際、創刊号に掲載された島尾の作品「単独旅行者」はたちまち中央の注目するところとなった。富士のかつての同人誌仲間、野間宏が高く評価し、中央の雑誌に掲載の運びとなり、文壇への足がかりをつかんだのだ。その後、庄野潤三や前田純敬ら有力メンバーも加わり、それぞれが中央から注目される存在となった。

 これらが同人誌にとってはひとつの試練となる。

 果たして同人誌は文壇への一里塚なのか。

 創刊号から半年でつまずいたVIKINGは1年近く休刊となる。それでもいったんは再刊でまとまり、昭和24年6月に再スタートした。その折には(1)同人は神戸出身に限る(2)有名になったものからクビにするーなどが決められた。しかし、これらは徹底しない。

 翌25年に島尾が「出孤島記」で第1回戦後文学賞を受賞したのを機に、先の申し合わせに基づき、島尾から富士正晴、庄野潤三、島尾敏雄の除名提案が出るが、富士は納得しないのだ。

 確かに名前のあがった人々は中央誌に作品発表を果たし、芥川賞候補になるなどしていた。が、富士に言わせれば「ジャーナリズムに2、3出ることが有名とはどうも分かりかねる」という次第で、雑誌継続こそ重要だったのだ。「有名になる」とはいったいどういうことか。富士にも当初、はっきりしたものはなかったのかもしれない。

 例会は大荒れに荒れた。島尾からは解散論も出た。「マンネリズムに陥ったヴァイキングが鬱陶しかったのだ」という島尾の言葉が残されている。つかみあい寸前の激論を繰り広げているが一方で、例会後に撮った写真では、庄野がアコーディオンをかかえ、みんなでなごやかに合唱した笑顔の雰囲気を残すものが残っている。

 しかし結局、昭和25年12月に島尾、前田、庄野は退会。2年後には富士の運営方針に反発した神戸在住の研究者集団が一斉に離脱して新グループを結成する、といった動きもあった。

 VIKINGは厳しい試練に立たされる。しかしそのつど、富士の強い思いで継続される。なぜ同人誌なのか。富士は独自の論理を探り当てていく。   =(3)に続く

▼そのほかの「ベテラン記者コラム」を読む 

石野伸子 石野伸子 産経新聞特別記者兼編集委員。生活面記者として長らく大阪の衣食住を取材。生活実感にもとづき自分の足と感性で発見したホンネコラムをつづるのを信条としている。

この記事を共有する

おすすめ情報