産経WEST for mobile

大和ハウス工業、退任した大野前社長に特別功労金1億円 

記事詳細

大和ハウス工業、退任した大野前社長に特別功労金1億円 

更新

 大和ハウス工業は12日日、前社長の大野直竹特別顧問に特別功労金1億円を支給すると明らかにした。6月28日の株主総会で提案する。

<< 下に続く >>

 大野氏は平成23年に社長就任し、29年10月31日付で健康上の理由で退任した。

 特別功労金は、29年度の在任中の業績向上に貢献したため。同社の平成30年3月期の連結決算は8年連続の増収となり、最終利益は2連続で最高を更新した。

 同社は17年に退職金にあたる役員退職慰労金を廃止しているが、今回の特別功労金は賞与にあたるとしている。