PR

【正木利和のスポカル】北海道から鹿児島、はては富士山頂まで、日本中を旅した文人画家鉄斎が描いた真実

PR

鉄斎美術館の展示風景。手前が日本絵図
鉄斎美術館の展示風景。手前が日本絵図

 学生のころ「何でも見てやろう」という小田実(まこと)(1932~2007年)の旅行記を読んで、旅の考え方が少し変わった。

 それまで、旅とは修学旅行や家族旅行を指すもので、彼のように貧乏旅行で世界を巡ることなど、個人的には思いもよらなかったのである。

 1日1ドルで世界を回るか…。

 おもしろいけれど、間違っても自分がそうした旅をすることはないだろう、と思った記憶がある。体重50キロを切る貧乏学生には、そんなバイテリティーなどあろうはずがない。そんなカネを持っていれば、うまいものを食うわ、と。

 そもそも、故郷を離れてひとり暮らしをしているのだから、見る物聞く物みな新鮮で、旅をするなど思いつかなかった。

 しかし、齢を重ねたいまならよくわかる。

 旅は生きた教科書である、ということが。

 その地へゆき、その目で見、感じることでしか得られないものがたくさんあるということを。

   □    □

 富岡鉄斎(1836~1924年)は、幕末から大正にかけて生きた京都の文人画家である。幼いころの病のせいで、耳が少し不自由だったが、勉強の好きな子どもで、いろいろな学問を学んだようだ。

 歌人で陶芸家としても知られる大田垣蓮月(1791~1875年)の侍童となり、そこでさまざまな絵画を学んだ。20代半ばには長崎へ遊学して南画を学んだりもし、絵で生計を立て始めている。また、私塾を開設し、勤王の志士たちとも交わった。

 維新後は、そうした交友のおかげもあって、大きな神社の神職を務めている。

 教育者としても立命館で教員をしたり、京都市美術学校で修身を教えたりしている鉄斎だが、1876年に描いた「日本絵図」の画賛に「南は鬼界島から北は北海道まで、一剣を帯びて海山のすぐれた景色を探し」とあるように、若いころから旅好きで40歳にして全国を巡歴したことを明らかにしている。

 この「日本絵図」は、兵庫県宝塚市の清荒神清澄寺山内にある鉄斎美術館( http://www.kiyoshikojin.or.jp/tessai_museum/ )で開催中の「鉄斎の旅-足跡、天下に遍(あまね)し-」で見ることができる。

 その絵図のなかには、名所旧跡なども描き込まれている。

   □    □

 自由な往来が禁止されていた江戸時代でも、お伊勢参りや金比羅参りなど信仰を目的としたものであれば通行手形が出たことから、十返舎一九の「東海道中膝栗毛」や歌川広重の「東海道五十三次」が火付け役となって江戸後期には旅がブームとなっていった。

 そうした庶民の物見遊山とは別に、松尾芭蕉ら俳人たちは、俳句の仲間の招きで全国を行脚し、幕末の志士たちは国防を意識して海岸線を回り、人材を訪ねて諸国を旅した。

 鉄斎の旅は、後者に近い。

 「万巻の書を読み、万里の道をゆく」

 明代の文人、董其昌(とうきしょう)の言葉を座右の銘に、鉄斎もまた文人としての志をもって旅をしたようだ。

 鉄斎の旅はどんなものだったのか。

 「泊まった先で書画を書いて宿代の代わりとした鉄斎の作品は各地に残っています。北海道に行くときは、北海道の名付け親、松浦武四郎から実情を勉強したりしていますから、人的ネットワークも豊かだったのでしょう。勤王思想をもっていたことで、南朝の史跡を回ったり、尊敬する人の弔いでお墓を回ったりもしています。ときには書籍に書かれていることが正しいのかどうか、ご陵をめぐって検証したりもしています」と鉄斎美術館の細里わか奈学芸員。

 とにかく、その目で見るということが、鉄斎にとって大きな意味を持っていたに違いない。

 その意味でいえば、きわめてジャーナリスティックでもある。

 視覚を通して刻み込まれた記憶をたどって描いた鉄斎の絵には、何物にも負けない真実があるのだから。

   □    □

 鉄斎は37歳のとき、南朝の皇族、尹良(ゆきよし)親王を弔いに長野を訪れている。さらに、そのまま甲府に入り、日本一の山、富士山頂に立った。

 その後、鉄斎は多くの富士を描いた。ごつごつした山頂の岩の風景なども克明に描いている。それは登った者にしか描くことのできないリアルな光景といってもいい。

 たとえば、今回展示されている89歳のときの「富士山図」は、多くの画家たちの手になる富士の美しい山容とは異なるものだ。

 しかし、そこに鉄斎が「神州第一の山」と賛を記すことで、最晩年のその絵はあまたの画家がなぞった富士のかたちとは異なる、真実の姿を語り始める。

 北海道のアイヌ民族の祭りや愛媛・三津浜の魚市などを描いたものもしかり、である。

 そこに、万里の道をゆく文人鉄斎の真骨頂がある。 「何でも見てやろう」と小田が旅をするずっと前、日本を歩き回った好奇心のかたまりのような文人画家に友人、江馬天江は印を贈った。

 《足跡、天下に遍し

 それが今回の美術展のサブタイトルになっている。

 鉄斎のこの70点の作品を見れば、きっとだれもが旅をしたくなるに違いない。

 その意味では、ちょっと罪な展覧会だ。

     ◇

 「鉄斎の旅-足跡、天下に遍し-」は前期5月6日まで、後期5月12日から6月17日まで。4月30日を除く月曜と5月1日休館。問い合わせは、電話0797・84・9600、または鉄斎美術館のサイト( http://www.kiyoshikojin.or.jp/tessai_museum/ )。

そのほかの「ベテラン記者コラム」を読む 

正木利和 正木利和 産経新聞文化部編集委員。大阪新聞から産経新聞社会部、運動部、部長を経て現職。運動部歴25年目となった秋、念願かなって美術担当に。好きなものは以下の通り。富岡鉄斎の絵、ジャランスリワヤの靴、よく墨のおりる端渓硯(たんけいけん)、勇敢なボクサー、寡黙な長距離走者、「水曜どうでしょう」について語り合うこと。当コラムは、スポーツの話題にときどきカルチャーを織り交ぜて、「スポカル」。以後、おみしりおきを。

この記事を共有する

おすすめ情報