PR

天守台から絶景お花見 奈良・大和郡山で25日からお城まつり

PR

昨シーズンの様子。約800本のしだれ桜やソメイヨシノが郡山城を彩る=奈良県大和郡山市
昨シーズンの様子。約800本のしだれ桜やソメイヨシノが郡山城を彩る=奈良県大和郡山市

 奈良県大和郡山市の郡山城周辺で25日から「大和郡山お城まつり」が開かれる。来月8日までの期間中、市民パレードや金魚の品評会などさまざまなイベントが楽しめる。

 桜の季節に合わせ、昭和36年から市観光協会などが主催。「日本さくら名所100選」にも選ばれているしだれ桜やソメイヨシノなど約800本もの桜が城下町を彩る。

 31日は同市の特産品、金魚の品評会が開かれ、4月1日には子供たちが白衣にキツネの面をつけて街を練り歩く伝統行事「白狐(びゃっこ)渡御(とぎょ)」を実施。最終日の同8日は、市内の中高生によるマーチングバンドなどが参加する「市民パレード」を開催するなどイベントが盛りだくさん。

 同市観光協会によると、桜は24日に開花を迎える予定で、担当者は「昨年よりも開花が早まり、お城まつりの期間中に見頃を迎えると思う。特に天守台から見下ろす桜は絶景なので、多くの人に桜を楽しんでもらえれば」と話している。

 期間中の午後6時~同9時には夜桜をライトアップする。問い合わせは同市観光協会((電)0743・52・2010)。

この記事を共有する

おすすめ情報