PR

支援「ありがとうだモン」 くまモン全国行脚、島根で終了

PR

島根県庁を訪れ、藤原孝行副知事に色紙を手渡す「くまモン」=20日午前
島根県庁を訪れ、藤原孝行副知事に色紙を手渡す「くまモン」=20日午前

 平成28年4月の熊本地震の復興支援に感謝を伝えるため、熊本県のPRキャラクター「くまモン」が20日、松江市の島根県庁を訪れた。「お礼行脚」は被災の約半年後に東京でスタート。今回で熊本を除く46都道府県を全て回り終了した。 くまモンから「おうえんありがとうだモン」と書いたサイン入り色紙と蒲島郁夫熊本県知事からのお礼状を受け取った藤原孝行副知事は「地震から間もなく2年になろうとしているが、熊本の元気な力を感じることができた」とあいさつ。

 くまモンの元気なジェスチャーを、同行した担当者が「たくさんのエール、温かいご支援本当にありがとうだモン」と、解説した。

 熊本地震では熊本県などに義援金計約516億円が集まり、応援職員の派遣は1日当たり最多で1400人を超えた。くまモンは都道府県庁を訪れたほか、支援を受けたボランティア団体や学校などに色紙を贈ってきた。

 蒲島知事は20日、熊本県庁での定例記者会見で「県民を代表してくまモンに行ってもらい、感謝の気持ちを伝えることができた。さらに復旧復興にまい進したい」と話した。

この記事を共有する

おすすめ情報