PR

LGBT、カミングアウトしたとき「受け入れてもらったことが大きな転機に」フェンシング元女子日本代表が和歌山で講演

PR

性の多様性を学んでもらおうと開かれた講演会=和歌山市
性の多様性を学んでもらおうと開かれた講演会=和歌山市

 性同一性障害や性的少数者(LGBT)について理解を深めてもらおうと、和歌山県精神保健福祉士協会の県民学習会「はじめてのLGBT 性の多様性を学ぼう」(産経新聞社など後援)が18日、和歌山市小人町の市男女共生推進センターで開かれた。フェンシング元女子日本代表で、LGBTの子供たちをサポートするNPO法人「ハートをつなごう学校」代表などを務める東京都出身の杉山文野さん(36)が講演し、市民ら約80人が耳を傾けた。

 杉山さんは生物学的には女性として、心は男性として生まれ、性同一性障害と診断された。講演では「自分を否定し続けていたが、初めてカミングアウトをしたときに受け入れてもらったことが大きな転機となった」と振り返った上で、LGBTは日本に5~8%の割合で存在するとされることを紹介。「セクシュアリティ(性的志向)は目に見えない。多くの人が言えていない状況にある。肯定する気持ちを発信してもらえたら」と語りかけた。

 参加者からは「教育現場に望まれることは」「LGBTの人がカミングアウトしやすい環境とは」などと質問が寄せられ、杉山さんは「LGBTについて知らないことが人を傷つけることがある。知る機会を設けて」と話した。

この記事を共有する

おすすめ情報