産経WEST for mobile

【民泊女性不明事件】遺体は27歳女性会社員、遺体遺棄容疑で米国籍男を再逮捕「黙秘を希望」

記事詳細

遺体は27歳女性会社員、遺体遺棄容疑で米国籍男を再逮捕「黙秘を希望」

民泊女性不明事件更新
遺体の一部が発見された建物に入る、兵庫県警の捜査員ら=大阪市西成区 1/1枚

 兵庫県三田市の女性会社員(27)が所在不明となり、切断された遺体が大阪と京都両府内で見つかった事件で、兵庫県警三田署捜査本部は28日、死体損壊と死体遺棄の疑いで、米国籍のバイラクタル・エフゲニー・バシリエビチ容疑者(26)=監禁容疑で逮捕=を再逮捕した。調べに対し「黙秘を希望します」と供述している。また、遺体の身元を女性会社員と特定した。

<< 下に続く >>

 再逮捕容疑は今月16日未明~18日午前、大阪市東成区の民泊用マンションで女性の遺体を切断するなどし、22日までの間、遺体の頭部を大阪市西成区の宿泊施設に遺棄したとしている。

 これまでの調べでは、女性は15日に三田市の勤務先を退社し、SNS(会員制交流サイト)で知り合った同容疑者に会うため、電車でJR森ノ宮駅に向かった。近くの防犯カメラの映像などから、2人は翌16日未明に駅の東約400メートルの東成区のマンションに入室したことが確認されたが、女性の足取りはその後、途絶えていた。

 捜査関係者によると、同容疑者は18日に東成区のマンションを一人で出て西成区の宿泊施設に移動。22日には奈良市の民泊に泊まる予定だったが、直前に捜査員に身柄を確保され、女性を東成区のマンションに閉じ込めた監禁容疑で逮捕された。同容疑者はこの時点でも西成区の施設を借り続けており、捜査員が24日に訪れたところ、部屋からスーツケースに入った遺体の頭部が見つかった。

 さらに県警は同容疑者の供述に基づき、翌25日に大阪府島本町の山中で衣服を身につけていない胴体と両腕を、京都市山科区の竹林で両足をそれぞれ発見。両腕には土がかかっていたが、胴体と両足はそのまま置かれていた。