産経WEST for mobile

院生の兄を包丁で刺殺、容疑で阪大4年の弟逮捕 兵庫・三田 物音めぐりトラブル

記事詳細

院生の兄を包丁で刺殺、容疑で阪大4年の弟逮捕 兵庫・三田 物音めぐりトラブル

更新

 同居する兄を包丁で殺害しようとしたとして、兵庫県警三田署は30日、殺人未遂の疑いで、同県三田市あかしあ台、大阪大基礎工学部4年、細谷早志(そうし)容疑者(22)を現行犯逮捕した。調べに対し「兄を殺害しようと思い刺しました」と容疑を認めている。兄で大阪経済大大学院生の竜己(たつき)さん(28)はまもなく死亡。同署は容疑を殺人に切り替えて捜査する。

<< 下に続く >>

 逮捕容疑は、30日午前4時ごろ、自宅2階の一室で竜己さんの左ほほなどを台所の包丁(刃渡り約16センチ)で刺して殺害しようとしたとしている。別室にいた父親が119番し、竜己さんは病院に搬送されたが約50分後に死亡が確認された。

 同署によると、兄弟は両親と4人暮らし。細谷容疑者と竜己さんの部屋は隣同士で、物音をめぐりトラブルになっていたといい、同署が事件の詳しい経緯を調べている。