産経WEST for mobile

大阪・市営地下鉄新会社の愛称「Osaka Metro」に決定 外国人にもわかりやすく

記事詳細

大阪・市営地下鉄新会社の愛称「Osaka Metro」に決定 外国人にもわかりやすく

更新
4月に民営化する大阪市営地下鉄の愛称「Osaka Metro」とロゴマーク 1/1枚

 大阪市は25日、4月1日に民営化する市営地下鉄の新会社「大阪市高速電気軌道」の愛称を「Osaka Metro(オオサカ メトロ)」に決定したと発表した。大阪を訪れる外国人が増える中、さらなる国際化を見据え、英語表記を採用した。

<< 下に続く >>

 市によると、「走り続ける、変わり続ける。」という新会社のブランドコンセプトをもとに、愛称やロゴマークを検討。地下鉄を示す言葉として世界的な認知度が高いメトロと都市名を組み合わせ、「外国人も含めた誰にでも分かりやすく、王道感のあるネーミング」(担当者)を愛称とした。

 ロゴマークは青を基調に、メトロの「M」の文字が走り続けるような螺旋(らせん)状の三次元デザインに決定。記者会見で吉村洋文市長は「大阪の地下鉄が『Osaka Metro』の愛称で親しまれ、世界に広がっていくことを期待したい」と述べた。