産経WEST for mobile

部員に「彼女にしてやる」…松山の聖カタリナ高女子ソフト部監督、セクハラ発言や体罰で校長訓戒

記事詳細

部員に「彼女にしてやる」…松山の聖カタリナ高女子ソフト部監督、セクハラ発言や体罰で校長訓戒

更新

 松山市の聖カタリナ学園高は17日、女子ソフトボール部監督を務める30代の男性教諭が、2年生の部員4人に対し「俺の彼女にしてやる」といったセクハラ発言や体罰をしたなどとして、校長訓戒の懲戒処分にしたと発表した。監督としての活動も無期限で停止させている。処分は昨年12月18日付。4人のうち2人は登校していないという。

<< 下に続く >>

 芳野敬三校長は同校で記者会見し「こうした事態を招き申し訳ない。4人の生徒には一日も早く日常を回復してほしい」と謝罪した。

 保護者から連絡があり、学校側が調査した結果、教諭は昨年7~12月、げんこつで部員の頭を殴ったほか、「奨学金を取り消すぞ」「技術指導してほしいなら俺と相撲を取れ」などといった発言を繰り返していた。

 教諭は昨年4月、監督に就任。女子ソフトボール部は同7月にインターハイに出場した。