産経WEST for mobile

離婚調停中の妻の交際相手、車ナンバーから住所・名前割り出す…巡査部長、免許不正照会で懲戒処分 熊本県警 

記事詳細

離婚調停中の妻の交際相手、車ナンバーから住所・名前割り出す…巡査部長、免許不正照会で懲戒処分 熊本県警 

更新

 熊本県警は22日、当時離婚調停中だった妻が交際していた男性の車のナンバーから、運転免許照会用システムを不正に利用し住所や名前を調べたなどとして、県警の20代の巡査部長を戒告の懲戒処分にしたと明らかにした。処分は8月10日付。

<< 下に続く >>

 県警によると巡査部長は2月、違法駐車車両の所有者照会や事件捜査に使う警察署内のシステムに車のナンバーを入力し、妻の交際男性の住所などを不正に照会した。

 その後、同僚立ち会いの下、離婚調停を有利に進めようと男性に妻との交際を認める念書を書かせたという。男性が3月、知人を通して県警に相談して発覚した。

 巡査部長は聴取に対し「軽率なことをした」と、事実関係を認めているという。県警は今回の処分に関し「発表基準に該当しない」としてこれまで公表していなかった。