産経WEST for mobile

自民関係者に現金提供の岸和田市長、本会議で改めて謝罪 2期目スタートに初登庁セレモニーなし

記事詳細

自民関係者に現金提供の岸和田市長、本会議で改めて謝罪 2期目スタートに初登庁セレモニーなし

更新
自身の政治資金問題の問題にからみ、岸和田市議会本会議で謝罪する信貴芳則市長=岸和田市役所 1/1枚

 平成25年11月の市長選をめぐり、自民党の推薦を得るため、自民関係者に200万円を提供した大阪府岸和田市の信貴(しぎ)芳則市長(56)は、15日に開会した市議会本会議で、「私の不徳によるもので深く反省している」などと改めて陳謝した。

<< 下に続く >>

 11月の市長選で再選した信貴市長にとって、この日は市長2期目の初登庁となる日だったが、通常なら行われる職員による出迎えのセレモニーを自ら辞退していたうえで、議会に出席。2期目の所信表明の中で、「私の政治資金の問題により市民や議員にご迷惑をおかけしている。申し訳ございませんでした」と謝罪した。

 この問題をめぐっては、一部の市議から「説明責任を十分に果たしていない」として、開会中に不信任決議案が提出される見通しだが、信貴市長は自身の進退について明言しなかった。

 傍聴に訪れた市内の男性(69)は「信貴市長には正直に答弁してほしい。そうでないと前に進んでいかない」と話した。