産経WEST for mobile

「形に愛着があった」 改造拳銃・ダブルデリンジャー所持で高知の70歳男を逮捕

記事詳細

「形に愛着があった」 改造拳銃・ダブルデリンジャー所持で高知の70歳男を逮捕

更新
北岡政道容疑者が所持していた改造拳銃(高知県警提供) 1/1枚

 高知、福岡両県警は28日までに、殺傷能力がある改造モデルガンと実弾を所持したとして、銃刀法違反(加重所持)などの疑いで、高知市の自営業、北岡政道容疑者(70)を逮捕した。銃は「ダブルデリンジャー」と呼ばれ、「形に愛着があり、男心をくすぐられた」と容疑を認めている。

<< 下に続く >>

 逮捕容疑は9月9日、経営する高知市内の会社の事務所で、改造拳銃1丁と実弾63発を所持したとしている。高知地検は28日に同罪などで起訴した。

 県警によると、別事件で事務所を家宅捜索した福岡県警が改造拳銃を発見し、高知県警に情報提供。約40年前から所持していたとみられるという。