産経WEST for mobile

京大生の中核派系全学連幹部を逮捕 職員に暴行、職務妨害疑い 京都府警、拠点の「熊野寮」捜索

記事詳細

京大生の中核派系全学連幹部を逮捕 職員に暴行、職務妨害疑い 京都府警、拠点の「熊野寮」捜索

更新
京都大学熊野寮の家宅捜索を終え、出てくる京都府警の捜査員ら=31日午後4時5分、京都市左京区 1/1枚

 京都大学職員に暴行したとして、京都府警は31日、公務執行妨害容疑で、中核派系全学連活動家の男2人を逮捕した。府警によると、逮捕されたのは京大文学部4年、安田淳敏(あつとし)容疑者(21)=京都市左京区田中南西浦町=と職業不詳、阿津(あづ)良典容疑者(27)=同区東竹屋町=の2人。調べに対し、いずれも黙秘しているという。府警は同日、全学連の活動拠点の一つとされる京大熊野寮(同区)などを捜索した。

<< 下に続く >>

 安田容疑者の逮捕容疑は8月9日、京大本部構内(同区)で、大学が迷惑行為として禁止するビラ配りを止めようとした男性職員の首を押さえつけたとしている。

 阿津容疑者の逮捕容疑は8月10日、同構内で中核派系の関係者が作ったとみられる「学生自治の砦 京大へようこそ 同学会」と書かれた木製看板(縦約3・5メートル、横約2メートル)を撤去しようとした職員の左太ももを蹴ったとしている。

 府警によると、事件があった日は京大でオープンキャンパスが開かれており、安田容疑者らと数人の中核派系の関係者らが、平成27年にキャンパス内をバリケード封鎖した学生4人を放学(退学)処分とした大学側を批判する内容のビラを配るなどしていた。