産経WEST for mobile

【関西の議論】〝お利口さん〟ではたどり着けない…世界最強「ネオジム磁石」はたった1人の実験から生まれた

記事詳細

〝お利口さん〟ではたどり着けない…世界最強「ネオジム磁石」はたった1人の実験から生まれた

関西の議論更新
「ネオジム磁石」を開発した大同特殊鋼顧問、佐川真人氏=京都市西京区 1/4枚

 世界最強の磁力-。こう呼ばれるのが「ネオジム磁石」だ。パソコンのハードディスクや携帯電話、電気自動車など、強力で小型・軽量のモーターを必要とする製品では欠かせないもので、いまや私たちの生活を支えている一つといっても過言ではないかもしれない。開発したのは大同特殊鋼(本社・名古屋市)の顧問で、京大桂ベンチャープラザ(京都市西京区)で研究を続ける佐川真人氏(74)。ノーベル賞候補にも名が挙がる研究者は「たとえ外れても直感でやってみたらいい。そうしたら新しい分野が開ける」と強調する。

<< 下に続く >>

わずか1グラムで3キロを持ち上げ

 1円玉ほどの大きさの磁石を近づけると、いとも簡単に鉄の塊がくっついて持ち上がった。「わずか1グラムのネオジム磁石で3キロの鉄を持ち上げられる」と佐川氏は語った。

 ネオジム磁石は、昭和57(1982)年7月、住友特殊金属(現・日立金属)の社員だった佐川氏が、レアアース(希土類)の一種のネオジムと鉄、ホウ素の3元素を組み合わせて開発した。

 それまでは、コバルトとレアアースのサマリウムを使った「サマリウムコバルト磁石」が最強だったが、ネオジム磁石の強さは、その約2倍だ。

 この成果によりモーターの高効率化と小型化が可能になり、佐川氏は、情報機器などの小型軽量化や省エネ化に大きく貢献した、などと評価されている。

直感で世界最強に挑む

 だが、佐川氏はもともと磁石に携わってきたわけではなかった。

 東北大大学院では材料の基礎科学を研究していた。それが、47年に富士通に入社すると、コンピューター回路に使われていた磁石の研究が仕事となり、これがきっかけだった。

 それからシンポジウムや学会に出席したり、教科書や論文を読んだりと、独学で磁石について学んだといい、「自分1人の研究。ずいぶんと熱中したね」

 転機は入社5年後の52年。コンピューター回路に使うサマリウムコバルト磁石の耐久性を高める研究を指示されたことだった。当時、鉄で最強磁石を作るのは難しいと考えられていたのだが、そこに疑問が生じた。「なぜ鉄ではだめなのか」

 ブレイクスルーのヒントは、53年に出席したシンポジウム。鉄とレアアースの組み合わせでは「鉄原子同士の距離が近すぎるから磁石ができない」という説明を聞いたことだった。

 それならば、鉄と鉄の間にホウ素のような小さな元素を入れて間隔を広げたらいいんじゃないか-。アイデアがひらめいた。

 「独学で学んだ分、常識や定説にとらわれず柔軟に考えられたのだろう。ただ、私のアイデアに根拠は全くない。何の保証もないし、説明できない。直感です」

たった1人の実験で開発

 直感を信じて地道に研究を続けた。ただ、会社には開発を却下され、磁石の研究自体も打ち切られてしまった。57年1月、退職を決意。同年5月までは会社の実験室の使用を認められ、1人で実験を続けた。

 進退窮まった段階に、研究人生で最も忘れられない瞬間が、突然訪れた。

写真ギャラリー

  • 「ネオジム磁石」を開発した大同特殊鋼顧問、佐川真人氏=京都市西京区
  • ホンダが発売した小型ミニバン「フリード」の新型車をアピールするCMキャラクターでお笑い芸人の徳井義実さん(左)とモデルの蛯原友里さん=16日、東京都港区南青山のHonda青山ビル(会田聡撮影)
  • 大同特殊鋼の熱間加工法でつくる「ネオジム磁石」。ホンダのミニバン「フリード」の新型車にも搭載されている