産経WEST for mobile

【関西の議論】車いすで波打ち際に…課題山積〝海のバリアフリー化〟 神戸・須磨海岸で浮かんだ課題

記事詳細

車いすで波打ち際に…課題山積〝海のバリアフリー化〟 神戸・須磨海岸で浮かんだ課題

関西の議論更新

 遠浅化工事についても、今年の海水浴シーズン終了後、東側の約1・4キロについて、32年度夏の完成を目指して進める方針だ。

 だが、車いすを利用する障害者にとって、さまざまな〝バリア〟がまだまだ存在する。最寄り駅のJR須磨駅には海岸と反対側にしかエレベーターはなく、大きく迂回(うかい)しなければ海岸に行けない。途中には踏切もある。

<< 下に続く >>

 木戸さんは「ビーチ周辺の環境が整えば、須磨に来る障害者はもっと増えるはずだ」と語る。

 木戸さんによると、8月31日現在で121人が訪れ、「ビーチマットの登場で海に来やすくなった」と好評を博している。一方、「車いすでも使える脱衣所があれば」「平日にも来たい」といった声も寄せられているという。

 木戸さんは「行政も含めて安全面への対応など、より充実させた環境にするにはマンパワーが足りないのが現状。そのためにも、多くの人にビーチマットへの理解を求めたい」と話している。

写真ギャラリー

  • 砂浜に敷かれたビーチマットを水陸両用車いすに乗って波打ち際まで移動する参加者。〝海のバリアフリー化〟に向けて新たな課題も浮上している=神戸市須磨区の須磨海水浴場
  • ビーチマットの導入を企画した「須磨ユニバーサルビーチプロジェクト」の木戸俊介さん。「須磨から全国に広げていきたい」と語る=神戸市須磨区の須磨海水浴場
  • 水陸両用車いすに乗りながら海に入る参加者=神戸市須磨区の須磨海水浴場