産経WEST for mobile

【関西の議論】車いすで波打ち際に…課題山積〝海のバリアフリー化〟 神戸・須磨海岸で浮かんだ課題

記事詳細

車いすで波打ち際に…課題山積〝海のバリアフリー化〟 神戸・須磨海岸で浮かんだ課題

関西の議論更新

 帰国後、幼少期から慣れ親しんだ須磨海水浴場にマットを導入しようと、海の家の店主らに協力を求めた。最終的に、NPO法人「神戸ライフセービングクラブ」(神戸市)のライフセイバーや医師、市職員ら12人が企画に賛同。昨年12月に須磨ユニバーサルビーチプロジェクトを立ち上げた。

<< 下に続く >>

高額な海外製…ネットで資金募る

 ただ、マット導入までのハードルは高かった。

 約130万円と高額で、しかも海外にしか販売元がなかった。当初は代替品として、ヨガマットやベニヤ板などを砂浜に敷いて試してみた。しかし、素材が柔らかすぎて車いすの車輪が埋まるなど、安全性や耐久性に問題があった。

 そこで始めたのが、海外製ビーチマットの購入資金をインターネットで募る「クラウドファンディング」。口コミで理解が広がり、約140人から約140万円が集まった。米国製のマットを購入。同プロジェクトのメンバーが資金を出し合い、大型車輪で砂浜を移動しやすい水陸両用車いすも導入した。

 7月13日の海開きに合わせ、須磨海水浴場にビーチマットが登場すると、木戸さんのもとには毎日のように県内外の障害者施設や、障害者の保護者らから問い合わせが入った。

 反響の大きさに驚く一方、「これまでビーチのバリアフリーについて発信する人が少なかった。須磨から全国に、この流れを広げたい」と木戸さん。全国各地のビーチにマットを貸し出す出張も視野に入れ、海のバリアフリー化推進に力を入れていく方針だ。

全国普及は道半ば

 欧米などと比べ、日本では車いす利用者が自由に砂浜を移動できるような設備がある海水浴場は限られている。なぜ、バリアフリーが全国に広まらないのか。

 日本初のバリアフリービーチとされる茨城県大洗町の大洗サンビーチでは、身体障害者が利用できるトイレやシャワー室を完備。木製スロープは民間のライフセイバーらの手作りで、水陸両用車いす約20台を配備する。海に入る際にはライフジャケットを着用させ、常駐のライフセイバーが介助する徹底ぶりで、毎年全国から約150人の障害者が訪れる。

 平成9年からバリアフリーに取り組んでいる「大洗サーフ・ライフセービング・クラブ」代表のジーコ足立さんによると、マリンスポーツが盛んな欧米と比べ、日本は常駐のライフセイバーがいないビーチが多く、安全面からバリアフリーを進めるのが難しいのが実態という。

 足立さんは「身体障害者は一人一人症状が違い、人手が限られる行政だけでは安全性は確保できない。バリアフリーの普及には、ソフトとハード面で官民連携が必要だ」と訴える。

 その一方で、国際環境NGO「国際環境教育基金」(FEE)が環境保全やバリアフリーなど33項目の基準を満たしたビーチやマリーナに与える国際認証「ブルーフラッグ」(1年更新)の取得を目指す自治体も出てきており、海のバリアフリー化への機運も高まりつつある。

 福井県高浜町は28年4月に若狭和田海水浴場でブルーフラッグを取得。歩道から波打ち際まで杉板(長さ約100メートル、幅約2メートル)の道を設けるとともに水陸両用車いすも導入し、今夏は杉板の道を2本に増やしてバリアフリー設備を強化した。

ビーチ周辺にも〝バリア〟

 神戸市もブルーフラッグ取得に向け、須磨海水浴場で遊歩道の拡張や車いすで砂浜に降りられるスロープを設置するなど整備を進める。市の担当者は「民間と協力し合いながらバリアフリーを進めたい」と強調する。

写真ギャラリー

  • 砂浜に敷かれたビーチマットを水陸両用車いすに乗って波打ち際まで移動する参加者。〝海のバリアフリー化〟に向けて新たな課題も浮上している=神戸市須磨区の須磨海水浴場
  • ビーチマットの導入を企画した「須磨ユニバーサルビーチプロジェクト」の木戸俊介さん。「須磨から全国に広げていきたい」と語る=神戸市須磨区の須磨海水浴場
  • 水陸両用車いすに乗りながら海に入る参加者=神戸市須磨区の須磨海水浴場