産経WEST for mobile

【関西の議論】無痛分娩で母子が植物状態の悲劇 「人生が変わった」夫慟哭、医療ミス裁判の行方

記事詳細

無痛分娩で母子が植物状態の悲劇 「人生が変わった」夫慟哭、医療ミス裁判の行方

関西の議論更新
無痛分娩の麻酔ミスで植物状態になった母子とともに記者会見に臨む親族。「二度とこのようなことが起こらないように、原因を分析しないといけない」と訴えた。(左から)夫、リュボビさん、長女のみゆきちゃん、エレナさん=7月29日、京都市中京区 1/2枚

 「分娩(ぶんべん)室に入っていく前は本当に元気だったのに」。夫の悲痛な訴えが胸をつく。出産時に麻酔で痛みを和らげる「無痛分娩」をめぐり、妊産婦が死亡するなどの重大事例が相次いで発覚している。中でも京都では、同じ産婦人科医院でミスがあったとして3家族が損害賠償請求訴訟を提起。このうち1家族が7月、京都市内で記者会見した。車いすに乗った妻と長女とともに記者会見に臨んだ家族は「1人の医師の対応で、このような人生になってしまった。二度とこのようなことが起こらないように、原因を分析しないといけない」とも訴えた。一連の事態を重く見た日本産婦人科医会は無痛分娩について初めての提言を出す方針を決め、厚生労働省も近く研究班を立ち上げて実態把握に乗り出すという。

<< 下に続く >>

麻酔後に急変

 7月29日、車いすに乗った女性と幼い子供が、それぞれ夫と祖母に押されて記者会見場に現れた。2人とも寝たきり状態で話すことはできない。会見中も、血流を良くするために体を揺すったりするなどのケアをしていた。それでも家族は「植物状態になっている現状を伝えなければ」との思いから、2人を同席させたと説明した。

 訴えを起こしているのは、無痛分娩の処置で重い障害が残ったというロシア人女性の元大学准教授、エブセエバ・エレナさん(40)=京都市左京区=と長女のみゆきちゃん(4)。それに、日本人で大学教授のエレナさんの夫(55)と、エレナさんの母親で医師のボイコ・リュボビさん(63)。京都府京田辺市の医院「ふるき産婦人科」に対し、計約9億4千万円の損害賠償を求めている。

 訴状などによると、エレナさんは平成24年11月、同医院でみゆきちゃんを無痛分娩により出産するための処置を受けた。

 この際エレナさんは、脊髄を保護する硬膜の外側(硬膜外腔)に腰から注射し、局所麻酔薬を投与する硬膜外麻酔を受けた。だが約20分後に容体が急変し、意識を失った。

 救急搬送先の病院で帝王切開によりみゆきちゃんは誕生したが、エレナさんは「心肺停止後脳症」と診断され、現在まで意識が回復せず植物状態に。みゆきちゃんも「新生児低酸素性虚血性脳症」と診断され、出産直後から植物状態のままとなってしまった。

 夫らは、麻酔の針が本来より深い位置のくも膜下腔に達していたミスが疑われるほか、高濃度の麻酔薬を過剰投与したことが原因と訴える。

午前3時まで看護

 「(エレナさんが)分娩室に入っていく前は本当に元気で、本人もこんなことになるとは思っていなかっただろう」と当時を振り返った夫。「硬膜外麻酔はきちんとしていれば問題はない。問題があったとしても早期に対応していたら、今のような状態にはならなかった」と悔しさをにじませた。

 長期間の入院後、エレナさんは25年7月から、みゆきちゃんは27年6月から、自宅療養に。エレナさんは「今後、長期にわたり24時間介護の必要な状態が続く見込み」と診断された。みゆきちゃんは退院時の状態や今後の治療について「自発呼吸はほとんどみられず、音や光への反応もみられない」「24時間の介助が必要」とされ、ロシアからリュボビさんが来日し、夫とともに24時間態勢で在宅の介護が始まった。

写真ギャラリー

  • 無痛分娩の麻酔ミスで植物状態になった母子とともに記者会見に臨む親族。(左から)リュボビさん、長女のみゆきちゃん、エレナさん、夫=7月29日、京都市中京区