産経WEST for mobile

「おまえはのろい」「死んでしまえ」と暴言、退職願書くように強要 巡査自殺で愛知県和解へ パワハラ事実上認める

記事詳細

「おまえはのろい」「死んでしまえ」と暴言、退職願書くように強要 巡査自殺で愛知県和解へ パワハラ事実上認める

更新

 平成22年11月に愛知県警の男性巡査=当時(24)=が拳銃自殺したのは上司のパワハラが原因だとして、両親が県に約5700万円の損害賠償を求め名古屋地裁に起こした訴訟で、県は事実上パワハラがあったと認め、解決金150万円を支払うことで和解する見通しとなったことが、6日分かった。双方の関係者が明らかにした。

<< 下に続く >>

 県は19日開会の県議会に関連議案を提出する。

 訴状によると、男性は10年4月に県警に採用され、秋から中署管内の交番に勤務。上司の男性巡査部長から「おまえはのろい」「死んでしまえ」と暴言を浴びせられたり、退職願を書くよう強要されたりするようになり、11月29日、署内のトイレで拳銃自殺した。

 県警は、上司の対応と自殺との因果関係を否定していた。両親側の代理人弁護士は「和解案の中に『(上司による)不適切な行為があったと認める』との文言が盛り込まれた点を評価した」と話している。