産経WEST for mobile

元京大教授を懲戒解雇相当 贈収賄事件で実刑

記事詳細

元京大教授を懲戒解雇相当 贈収賄事件で実刑

更新

 京都大は18日、研究用の機器納入を巡り業者から賄賂を受け取ったとして、収賄罪で実刑判決を受けた大学院薬学研究科の辻本豪三・元教授(64)を懲戒解雇相当の処分にしたと発表した。

<< 下に続く >>

 元教授は平成27年2月、東京高裁で懲役1年8月、追徴金約940万円の実刑判決を受け、最高裁も昨年8月、上告を棄却、確定した。

 京大によると、上告棄却を受け、今年2月末に処分を決定。収監中の元教授が処分を伝える書類を受け取ったのを確認できたため公表した。