産経WEST for mobile

【衝撃事件の核心】「盗撮する気や」狙われるチアリーダー 居眠り装う男…捜査員はカメラの「赤いランプ」を見逃さなかった

記事詳細

「盗撮する気や」狙われるチアリーダー 居眠り装う男…捜査員はカメラの「赤いランプ」を見逃さなかった

衝撃事件の核心更新
大学野球の試合が行われたスタジアムでチアリーダーを狙う盗撮犯。卑劣な犯罪に捜査員が目を光らせているが… 1/1枚

 学生の街であり、観光地でもある京都。女性が大勢集まることから「盗撮スポット」と化している場所もあり、卑劣な盗撮犯があの手この手で女性のスカート内を狙っている。だが、まんまと逃げおおせるわけがない。大学野球の試合で盗撮したとして大阪府茨木市の会社員の男(50)が書類送検された事件では、京都府警は立件が難しい「チアリーダーの盗撮」にこぎつけた。屈指の観光地・嵐山周辺では約1カ月間の集中取り締まりを実施し、4人を摘発。担当者は「まだ氷山の一角。これからも摘発を進める」と手を緩めない。

<< 下に続く >>

スタジアムで不審な男をマーク

 昨年10月21日、金曜日の昼下がり。京都市右京区の野球場「わかさスタジアム京都」では、大学野球の関西学生リーグの試合が開催されていた。スタジアム全体が観客の声援に包まれる中、京都府警の捜査員はスタンドで不審な男を発見した。

 男は、荷物を持って何かを物色するようにスタンドをうろつき、前の方の席に腰を下ろした。男の後方には大学の応援団がいて、チアリーダーたちが華やかさを演出していた。

 やがて男は、目の前の試合をよそに腕を組み、居眠りをし始めた-。周囲の観客には、そう見えたに違いない。だが、捜査員の目はごまかせなかった。

 「おかしい、盗撮する気や!」

 男が脇の下にしのばせた小型ビデオカメラの「録画中」を示す赤いランプを、捜査員は見逃さなかった。そのカメラのレンズは、後方で応援していた大学2年のチアリーダーの女子学生(19)の下半身を狙っていたのだ。

 「ちょっと、話を聞かせてほしい」。捜査員らが男に職務質問すると、「すみません」と男は素直に罪を認めた。

営業の外回りにかこつけて

 「2~3年前にチアリーダーの盗撮ビデオを買って見て以来、やみつきになった」。府警の調べに対し、男はこう供述した。

 普段、仕事では営業担当をしているといい、主に外回りの最中に野球場などに足を運び、チアリーダーばかりを狙って盗撮していた。「近畿各地だけでなく、関東でも盗撮をした」とも話したという。

 男のカメラからは、チアリーダーの尻や太ももばかりが写った動画ファイルが100個以上も発見された。理由は「妻子がいるので自宅のパソコンには保存せず、鑑賞用にカメラに保存していた」からだった。

 そもそも捜査の発端は、昨年4月上旬にさかのぼる。大学の応援団長とチアリーダーが府警右京署を訪れ、「チアリーダーに対する盗撮を取り締まってほしい」と要請したのだ。

 その前日、同じわかさスタジアム京都でチアリーダーが被害に遭っていたといい、同署を訪れた学生らは「(チアリーダーの)スカートは短いが、華やかに応援するためのもので盗撮されるために着用しているわけではない。取り締まってほしい」と切々と訴えたとされる。

 この要請を受けて府警は、同スタジアムでの警戒を強化していた。

 だが、チアリーダーにカメラを向けているからといって盗撮しているとは即断できない。応援風景を撮影していただけだと強弁されかねない。

 これに対し、府警は今回、男の撮影方法などの状況に加え、男の撮影した映像を丁寧に分析。明らかにわいせつ目的で撮影していたと断定し、立件に踏み切った。

 男は京都府迷惑行為防止条例違反容疑で書類送検され、今年2月、罰金30万円の略式命令を受けた。

「土産物に集中していて無防備」狙われる観光地

 こうした盗撮は、京都で大きな問題になっている。