産経WEST for mobile

【洲本5人刺殺】「死刑にしてほしい」「私の手で復讐したい」 遺族が意見陳述

記事詳細

「死刑にしてほしい」「私の手で復讐したい」 遺族が意見陳述

洲本5人刺殺更新

 兵庫県洲本市で平成27年3月、男女5人が刺殺された事件で、殺人などの罪に問われた無職、平野達彦被告(42)の裁判員裁判の第9回公判が1日、神戸地裁(長井秀典裁判長)で開かれた。犠牲者の遺族らが被害者参加制度を利用し、「被告を死刑にしてもらいたい」と意見陳述した。

<< 下に続く >>

 この日の公判には、遺族5人が出廷。平野毅さん=当時(82)=の孫の男性は「被告にはなぜ事件が起きたのか明らかにしてほしかったが、被害者や遺族の中傷を続けている。私の手で復讐(ふくしゅう)したい」と述べた。

 平野浩之さん=同(62)=の妹は「今もナイフで刺される夢を見ることがある」と明かし、「家族は人から恨まれることはしていない。被告には何があったのか正直に話してほしい」と声を振るわせながら訴えた。

 意見陳述に先立ち行われた証人尋問では、起訴前の鑑定留置で精神鑑定を担当した医師が「犯行は集団ストーカーやテクノロジー犯罪をする工作員への復讐を動機としており、正常な精神機能による判断だった」と証言した。被告の精神状態をめぐっては、2月22日の前回公判でも、起訴後に地裁が行った鑑定の医師が「犯行時は普段通りの人格だった」と証言している。

 3日の次回公判では検察側が論告、弁護側が最終弁論を行い結審する。

プッシュ通知