産経WEST for mobile

給食「磯あえ」からノロウイルス検出 御坊の食中毒800人超

記事詳細

給食「磯あえ」からノロウイルス検出 御坊の食中毒800人超

更新

 和歌山県御坊市の公立幼稚園4園と小中学校11校で800人以上が下痢や嘔吐(おうと)、腹痛などの症状を訴えた集団食中毒で、県は1日、提供された給食の「磯あえ」からノロウイルスが検出されたと発表した。

<< 下に続く >>

 県食品・生活衛生課によると、「磯あえ」は、ホウレンソウとちくわ、ノリをあえたもので、給食センターで調理し、25日に提供された。御坊保健所(同市)が、23~25日に提供された給食8品目を回収し、検査したところ、「磯あえ」からノロウイルスが検出された。他のメニューからは検出されなかったという。

 また、同じ給食を食べた同センターの調理などに携わる従業員10人からノロウイルスが検出された。

 県は集団食中毒の原因食品を「磯あえ」と断定し、センターの従業員らに聞き取り調査などを行い、感染経路の特定を進める。

プッシュ通知