産経WEST for mobile

【歴史戦】「南京大虐殺」改めて否定 河村名古屋市長

記事詳細

「南京大虐殺」改めて否定 河村名古屋市長

歴史戦更新

 名古屋市の河村たかし市長は23日の記者会見で「いわゆる南京事件はなかったのではないか」と述べ、南京大虐殺に否定的な従来の見解を改めて示した。

<< 下に続く >>

■「虐殺30万人? 真実なら土下座を、しないなら反論を」

 河村氏は「市民を30万人虐殺したことが本当だったら土下座しなければならない。しないのだったら反論しなければ。議論が必要だ」と述べた。

 アパグループが運営するホテルの客室に、“南京大虐殺”などを否定する本が置かれていることに中国で反発が起きていることに関連した質問に答えた。

 河村氏は平成24年にも「通常の戦闘行為はあったが、南京事件はなかったのではないか」と発言した。

プッシュ通知