産経WEST for mobile

禁止区域で性的サービス 中国人エステなど2店舗摘発 大阪府警

記事詳細

中国

禁止区域で性的サービス 中国人エステなど2店舗摘発 大阪府警

更新

 禁止区域で客に性的サービスをしたとして、大阪府警生活安全特捜隊は18日、風営法違反(禁止区域営業)容疑で、大阪市淀川区十三本町のエステ店「美女」と「水色の恋」の2店舗を摘発し、両店を経営する同区内の男(45)と、共同経営者で中国籍の妻(44)ら男女7人を逮捕したと発表した。

<< 下に続く >>

 逮捕容疑は、昨年10月~今年1月、営業禁止区域内にある店内に設けた個室で、男性客に対し、中国人の従業員の女に性的サービスを提供させたとしている。調べに対し、経営者の男は「性的サービスはしていない」などと容疑を否認している。

 府警によると、両店とも30分5千円~90分2万円のコースがあり、低料金で人気だったという。