産経WEST for mobile

「トップ合格できるように」受験直前で小中学生がホテルで勉強合宿

記事詳細

「トップ合格できるように」受験直前で小中学生がホテルで勉強合宿

更新

 受験に向け日常と違う環境で勉強に取り組もうと、奈良県の学習塾が、小学6年と中学3年を対象とした合宿を30日まで3日間の日程で、びわ湖大津プリンスホテル(大津市におの浜)で行っている。

<< 下に続く >>

 本番を前に自宅から離れた環境で精神力を鍛えようと、奈良県生駒市に本部を置くケーイーシーが毎年実施。同社が運営する学習塾に通う約500人が参加している。

 合宿では、年明けに迫る中学、高校受験に向け、1日10時間程度勉強。本番の会場を意識して大人数で試験に取り組んだり、中学3年生は合宿初日の試験の点数を合格発表さながらに張り出したりなどして、緊張感を高める演出をしているという。

 生徒らは講師の講義を聴きながら、真剣な表情で勉強に取り組んでいた。

 合宿に参加した中学3年の男子生徒(15)は「部屋が広くて人数も多いので、試験会場のリハーサルになる。トップで合格できるように頑張りたい」と意気込んでいた。

プッシュ通知