産経WEST for mobile

「スーパーマリオラン」12月15日配信 任天堂のスマホゲーム、世界151国・地域で

記事詳細

ポケモンGO・任天堂

「スーパーマリオラン」12月15日配信 任天堂のスマホゲーム、世界151国・地域で

更新

 任天堂は15日、同社初となるスマートフォン用ゲームアプリ「スーパーマリオラン」を12月15日から配信を始めると発表した。米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」などアップル端末向けに、世界151の国と地域で順次配信する。ダウンロードは無料で、プレーの一部に課金する。

<< 下に続く >>

 「スーパーマリオラン」は、常に走り続けるマリオを、スマホ画面をタッチ操作してジャンプしながらコインを集めるゲーム。一人でゴールを目指すモードと、他のプレーヤーと競うモードが設定されている。ダウンロードは無料。一部は無料だが、ゲームすべてを遊ぶには1200円の追加料金がかかる。

 任天堂は「スーパーマリオラン」の投入により、主力のゲーム機、ソフト以外の収益拡大につなげる。すでに、7月に世界で配信が始まったスマホ用ゲーム「ポケモンGO(ゴー)」には、同社の関連会社「ポケモン」などが参画。任天堂はゲームの人気を受け、関連機器や既存ゲームのポケモン関連ソフトが売れる相乗効果も表れた。

 「スーパーマリオラン」には、ディー・エヌ・エー(DeNA)が開発・運営に協力している。

写真ギャラリー

  • 仮装してハロウィンを楽しむ若者たち=29日午後、東京都渋谷区(春名中撮影)
  • 週末、ハロウィーンに集まる人出を警備する警察官ら=29日午後、東京都渋谷区(春名中撮影)
  • 週末、ハロウィーンに集まる人出を警備する警察車両=29日午後、東京都渋谷区(春名中撮影)