産経WEST for mobile

パフォーマンスにじます? 三反園・鹿児島知事、川内原発を初視察 九電社員に“素人感覚”質問

記事詳細

パフォーマンスにじます? 三反園・鹿児島知事、川内原発を初視察 九電社員に“素人感覚”質問

更新

 鹿児島県の三反園訓(みたぞの・さとし)知事は11日、九州電力川内原発(同県薩摩川内市)で実施中の特別点検を視察した。終了後、三反園氏は「大切なのはリスクを減らし、安全安心を増すこと。特別点検で県民の安心が増す」と述べ、自身が求めた点検の意義を強調した。同行した専門家も「不備はない」と評価しており、定期検査終了後は九電の想定通りに、支障なく稼働できる道が広がった。(高瀬真由子)

<< 下に続く >>

 7月の知事就任後、三反園氏が川内原発を視察するのは初めて。川内原発は1号機が定期検査のため10月6日から停止している。

 特別点検は水中カメラを使った原子炉容器の確認など、三反園氏の要請に応じる形で、九電が9月27日から70人の専任チームで行っている。九電によると、現時点までに異常は確認されていない。

 三反園氏はこの日午前10時半すぎから約6時間、特別点検の10項目のうち9項目を確認した。

 終了後、三反園氏はテレビカメラの前で身ぶり手ぶりを交えて、持論を展開した。

 「安全かどうかで私は判断する。安全でないということになれば、強い対応を取る」「稼働してもしていなくても、放射性物質はそこに残る。大切なのはリスクを減らし、安全安心を増すことだ」

 ただ、この日の視察で、点検に不十分な点があったかどうかについては、自分の言葉で語らず、「詳細については専門家の意見が重要」と述べるにとどめた。

 視察には、原子力工学の専門家で、京都大の宇根崎博信教授、九州大大学院の守田幸路教授の2人が同行した。両氏は、他の自治体などの原発関連の有識者会議のメンバーも務める。原子炉の技術的な知見を重視した人選といえる。

 その2人の専門家は、視察を通じた感想として、「九電は知事の要請に真(しん)摯(し)に対応している」と語ったという。

パフォーマンス色

 一方、視察を通じて、三反園氏が原発の安全対策について基本的な質問をする場面があった。

 「どれくらいの震度に耐えられるのか? 熊本地震の震度7でも大丈夫か?」

 原発で重大事故が発生した場合の指令所となる代替緊急時対策所で、三反園氏はこう尋ねた。九電社員は基準地震動(想定される最大の揺れ)で620ガル、震度7程度に耐えられる構造だと回答した。

 こうした基準地震動や耐震構造については、原子力規制委員会が約2年にわたって詳細に審査した。報道もなされている。

プッシュ通知