産経WEST for mobile

幻聴や妄想を疑似体験、統合失調症患者の感覚学ぶ バーチャルリアリティー、医療分野にも

記事詳細

幻聴や妄想を疑似体験、統合失調症患者の感覚学ぶ バーチャルリアリティー、医療分野にも

更新

 ゲーム業界で注目されているバーチャルリアリティー(VR、仮想現実)の映像技術の導入が、医療分野にも広がっている。精神疾患の症状を理解するため、患者の感覚をVRで学ぶ装置が開発されたほか、外科手術の訓練にも取り入れられている。未知の治療法への応用や医療技術の向上に役立つとの期待が高まっている。

<< 下に続く >>

 米ジョンソン・エンド・ジョンソングループの医薬品部門を手掛けるヤンセンファーマ(東京)は今年5月、統合失調症の特徴的な症状である幻聴や妄想を疑似体験できる装置を開発した。医療関係者や患者をサポートする家族らに疾患について、より理解を深めてもらう狙いだ。

 装置は専用アプリをダウンロードしたディスプレー、専用ゴーグル、ヘッドホンで構成。頭部につけて映像を見る。声がした方向に顔を向けると、そこに人はいないといった状況やコンビニの店員や客が自分を嘲笑しているかのような感覚が疑似体験できる。装置は販売せず、患者の家族らの集会などで提供する方針だ。

 100人~120人に1人の割合でかかるといわれる統合失調症について、装置を監修した精神・神経科学振興財団の高橋清久理事長は「適切な治療によって回復も期待できる疾患。VRによる周知活動がうまく働き、正しい理解が進めば、誤解や偏見が減って当事者が生活がしやすくなるのではないか」と話す。

 医療向けのVRをめぐっては、米国では、兵士のPTSD(心的外傷後ストレス障害)治療のほか、クモに対する恐怖症などの克服にも応用されつつある。日本VR医学会事務局担当理事の黒田知宏・京都大学教授「VRがメンタルヘルスのリハビリ領域に効果的であることは世界的に示されている。精神医学分野のVRの研究、実践が今後増えることに期待したい」という。

 外科では、すでに電機メーカー系の企業が大学と共同でVRを応用した手術訓練装置を商品化している。患者の体内画像データから、コンピューターグラフィックスで臓器を再現。VRで手術本番を前に“リハーサル”ができ、データを保存することで、訓練にも使われている。

プッシュ通知