産経WEST for mobile

今年のボージョレは「よりみずみずしくフルーティー」 初荷、関空到着

記事詳細

今年のボージョレは「よりみずみずしくフルーティー」 初荷、関空到着

更新

 フランス産の新酒ワイン「ボージョレ・ヌーボー」が11月17日に解禁されるのを前に、初荷約3・2トンが29日、関西国際空港に到着し、大阪税関が通関検査を公開した。

<< 下に続く >>

 輸入販売元のサントリーワインインターナショナルによると、今年のボージョレ地区は、初夏の気温が低くブドウの生育が遅れたものの、成熟期に好天に恵まれたことで、高い品質に仕上がっているという。

 関空に到着した初荷は750ミリリットルのボトル計2640本。国際貨物地区内の倉庫に運び込まれ、税関職員が申告書類やラベルをチェックするなどの通関作業を行った。

 同社での販売予想価格は750ミリリットルのボトルが2460円(税別)と昨年並みの見通し。担当者は「今年はよりヌーボーらしいみずみずしくフルーティーな仕上がりになっていると聞いている。飲みやすく軽やかな味わいを気軽に楽しんでほしい」と話していた。

プッシュ通知