産経WEST for mobile

【関西の議論】ポケモンGO「攻略のカギは京都」書き込み続々、有名寺社困惑…スポット削除、禁止の動き拡大

記事詳細

ポケモンGO・任天堂

ポケモンGO「攻略のカギは京都」書き込み続々、有名寺社困惑…スポット削除、禁止の動き拡大

関西の議論更新

 海外での爆発的な人気を受けて、7月22日の配信直後から国内でも注目が集まっているスマートフォン向け人気ゲーム「ポケモンGO(ゴー)」。開発に関わった任天堂のおひざ元、京都市が、アイテムを入手できる「ポケストップ」やポケモン同士が対戦ができる「ジム」など多くのスポットが設定され、めざといプレーヤーの人気エリアになっている。外国人観光客が楽しむ姿が目立ち、夏休み期間とあって、ポケモン目当てに京都を訪れる人もいる。この〝ポケモン狂騒曲〟に特に困っているのが宗教関係施設だ。珍しいキャラクター(レアポケモン)が集まっている-などとインターネット上で話題になり、プレーヤーが殺到。寺社の中には、「信仰の場にふさわしくない」としてゲーム運営会社側にスポットの削除を要請する動きも出てきた。

<< 下に続く >>

「ポケモンGOで京都がヤバイ」

 「ポケモンGOの攻略のカギは京都」「ポケモンGOで京都がヤバイ」

 インターネット上には、ポケモンGOのプレーヤーたちが、京都に集まっていることをうかがわせるような書き込みが目につく。

 レアポケモンが大量に発生するいわゆる「ポケモンの巣」をまとめたサイトにも、京都の有名施設の名前が並ぶ。

 例えば、「レアポケモンの巣」として紹介された円山公園(京都市東山区)は、日中だけでなく、深夜や未明にかけても多くのプレーヤーが詰めかける人気スポットになった。この影響で周辺の違法駐車などが問題化。周辺住民から通報を受けた府警東山署が警察官を出動させる事態になっている。

 隣接する八坂神社(同市東山区)も人気スポットだが、神社の担当者は「ポケストップの削除申請をする」と打ち明けた。

 ポケモンGOの配信後、境内では大きなトラブルは確認されていないが、「こちらからお願いしているわけではない。そもそも宗教施設としてそぐわない」という。

出雲大社、恐山、平和記念公園も…

 平安神宮(同市左京区)は、削除申請まではしないとしながらも「参拝に来る人を優先したい」とポケモンGOのプレーを禁止する張り紙を7月24日に掲示した。宗教施設ではないが、二条城(同市中京区)や海上自衛隊舞鶴地方総監部(京都府舞鶴市)なども同様の対応を取っている。

 具体的な対応をとる予定はないとしている清水寺(京都市東山区)や真宗大谷派の本山・東本願寺(同市下京区)も、「節度を持った利用を」と求める姿勢は変わらない。

 全国的にも、入場者へのポケモンGOの利用自粛や事業者への削除申請を出すケースが目立ってきた。

 出雲大社(島根県出雲市)や日本三大霊場の一つとして知られる恐山(青森県むつ市)、法隆寺(奈良県斑鳩町)、平和記念公園(広島市中区)では、施設内でのポケモンGOの利用を禁止している。

 また、JRなど全国の鉄道事業者23社と日本地下鉄協会は利用客の安全確保という観点から施設内でのキャラクターを出現させないよう事業者に要請。最高裁が全国の裁判所をゲームのアイテムが入手できる場所から除外するよう求めた。