産経WEST for mobile

「曖昧なリーダーシップは混乱を招く」 オスプレイ佐賀空港配備問題 元海兵隊エルドリッヂ氏

記事詳細

「曖昧なリーダーシップは混乱を招く」 オスプレイ佐賀空港配備問題 元海兵隊エルドリッヂ氏

更新

 陸上自衛隊が導入する垂直離着陸輸送機MV22オスプレイについて、政府が平成31年度の佐賀空港(佐賀市)配備を打ち出してから、22日で丸2年となった。佐賀県の山口祥義知事は受け入れ「白紙」を強調しており、計画は足踏みが続く。元在沖縄米海兵隊政務外交部次長のロバート・D・エルドリッヂ氏は産経新聞の取材に応じ、オスプレイが持つ優位性を強調し、早期配備への期待感を示した。(奥原慎平)

<< 下に続く >>

 感情論ではなく科学的議論を

 6年間、海兵隊政務外交部次長として、沖縄で(米軍)基地と地域コミュニティーの交流に力を注ぎ、基地反対派に対処してきました。

 沖縄には県外から「プロフェッショナル市民」ともいえる(反基地の)活動家が入っています。活動家が地元の感情を扇動し、混乱の原因となっています。

 個人的には仲井真弘多・前沖縄県知事が、米軍普天間飛行場の移設などで、もっと明確なリーダーシップを発揮すればよかったと思います。

 山口知事は、計画への賛否を明らかにしていないようですが、曖昧なリーダーシップでは佐賀県も、沖縄と同じ状況になりかねません。

 公共政策に携わる人間は、感情論ではなく、事実に基づいて科学的に議論する必要があります。

 例えば、オスプレイは墜落の危険性が高いと反対派は訴えます。

 ならば、ここにいる私はゴースト(幽霊)でしょうか。数え切れないほどオスプレイに乗りましたよ。平成24年に普天間基地にオスプレイが配備されて以降、事故はゼロです。

 事故率の高さを言いはやし、オスプレイを「ウィドウ・メーカー(未亡人製造機)」と呼ぶ人もいます。これは20年前の開発段階での話です。

 もちろん、事故がゼロだという保証はできませんが、ゼロに近づけることが大事なのです。知事や佐賀市長はぜひ、普天間飛行場のオスプレイに試乗して、事故率の低さを体感してほしい。

 抑止力という概念

 防衛省内で佐賀空港配備を決めた経緯はわかりません。ただ陸自西部方面隊は、尖閣諸島(沖縄県石垣市)を含む南西諸島などの離島を守らないといけない。有事の際、オスプレイならば速く、どこにでも降りられる。

 自国の防衛に必要な配備をなぜ断ろうとするのか、不思議です。配備反対派は「軍事基地ができれば敵国の標的になる」と口にしますが、抑止力という概念はないのでしょうか。思想で動いている人もいるでしょうが、思想のために日本を人質にしないでほしい。