産経WEST for mobile

【経済裏読み】百貨店よ、いつまで“爆買い”頼み?宴は終わり、日本人としっかり向き合え!

記事詳細

百貨店よ、いつまで“爆買い”頼み?宴は終わり、日本人としっかり向き合え!

経済裏読み更新

 中国人観光客の「爆買い」に沸いてきた関西の百貨店業界。だが、宴は終わろうとしているのかもしれない。中国政府は日本など海外での買い物にかける関税を引き上げ、日本製品も買えるネットショッピングを育成するなど爆買い阻止に動いている。肝心の日本人の消費は伸びていない百貨店業界。また低落の道に引き戻されるのか。

<< 下に続く >>

 これで良いのか?

 全国百貨店の4月の免税品売上高は前年同月比9・3%減となり、平成25年1月以来、3年3カ月ぶりに前年実績を下回った。大阪地区の百貨店売上高は、2・6%減の585億円となり、4カ月連続で減少。春物衣料の販売が振るわなかったのが要因という。

 深刻なのが、あべのハルカス(大阪市阿倍野区)に入る近鉄百貨店本店だ。28年2月期の売上高は1090億円となり、目標の1082億円をかろうじて上回ったが、前期比では2・2%の減。全面開業効果がはやくも剥落した。

 近鉄百貨店の高松啓二社長は「まだ道半ばだが、収益力のある旗艦店として再生できる」と言う。そのため、流行の発信拠点としての百貨店の本丸であるはずの若い女性向けの売り場を縮小する一方で、家電量販店を誘致するという。

 現状打破のために、爆買いに頼らざるを得ない。しかし、これで良いのか。

 爆買いに「待った」

 中国政府は今年4月、海外で購入した商品に課す関税を引き上げた。高級腕時計の関税の税率を30%から60%に、酒や化粧品などの税率も50%から60%に引き上げた。海外での爆買いを抑制し、国内消費を刺激するのが狙いで、こうした対策は初めてではない。

 昨年6月には、衣料品や紙おむつなど、一部の日用品の関税を平均で約50%引き下げた。輸入品の販売価格を引き下げるためだ。また、今年に入って、「銀聯カード」の国外での引き出し額を年間10万元(約160万円)までとした。

 欧米メディアは、中国政府がネットを通じた国外製品の輸入を促すため、関税特区を各地に設け始めたことに注目している。手軽に安い関税で日本など外国製品が手に入るのであれば、爆買い旅行は必要なくなるのでは、というわけだ。

 中国のショッピングサイトでは、まだブランド品の偽物が横行しているとされる。しかし、ネット通販業者の顧客獲得競争で本物の比率が高まっていくことが予想される。今後、中国人にとって、日本旅行での買い物の「お得感」は薄れていきそうだ。

 変われるか、百貨店

 ただ、日本を訪れる中国人は減ってはいない。日本政府観光局によると4月は約51万5千人で前年同月比26・9%増だった。ただ「中国人観光客の間にモノ(商品)よりも、コト(体験)を求める傾向が出てきた」。百貨店業界からはこんな指摘が聞かれる。

  • 1
  • 2