産経WEST for mobile

【熊本地震】トヨタなど東海企業も生産見合わせ 生産ライン停止など影響

記事詳細

トヨタなど東海企業も生産見合わせ 生産ライン停止など影響

熊本地震更新

 熊本地震を受け、トヨタ自動車グループをはじめ東海地域の企業で15日、九州の工場で生産活動を見合わせる動きが相次いだ。各社は設備の点検や復旧を急いでいる。

<< 下に続く >>

 トヨタ自動車九州(福岡県宮若市)では、高級車ブランド「レクサス」を製造する同県内の工場で部品調達などに影響が出た。15日は車両を組み立てる宮田工場(宮若市)が操業を停止。苅田工場(苅田町)、小倉工場(北九州市)は一時的な稼働にとどめた。3工場は16日も操業を止める。

 トヨタグループの部品大手アイシン精機は、熊本市内の子会社の2工場で窓ガラスが割れた。けが人は出ていないが、地震発生直後から生産ラインを停止している。

 医薬品卸売会社のスズケンは、糖尿病向け医薬品を製造する熊本県宇土市の子会社の工場で生産を取りやめた。設備点検を進めており、生産再開には1週間程度かかるという。