産経WEST for mobile

王将、不適切取引で260億円流出 第三者委が経営陣批判

記事詳細

王将、不適切取引で260億円流出 第三者委が経営陣批判

更新

 「餃子の王将」を展開する王将フードサービス(京都市)が、過去に不適切な不動産取引や貸付行為により10年間で約260億円を社外に流出させ、うち約170億円が回収不能になっていたことが29日分かった。王将が設置した第三者委員会(委員長=大仲土和弁護士)が明らかにした。流出相手との取引は平成25年12月に大東隆行前社長が射殺された後も現在まで続いており、第三者委は現経営陣の問題認識の甘さを批判し、関係解消を求めた。

<< 下に続く >>

回収不能170億円、亡き社長が清算…したはずの契約、今も

 第三者委が同日公表した調査報告書によると、王将は7~17年、特定の企業グループとの間で不明朗な不動産売買や資金貸し付けを繰り返し262億円が流出。うち176億円が回収不能になった。大東前社長が一連の取引を清算し、25年11月に社内報告書が作成されたが、取締役会で十分な議論がなされず、現在も同グループとの間で電話の保守契約を継続しているという。

 大阪市内で29日会見した渡辺直人社長は、グループの実質経営者について「お会いしたことはない。反社会的勢力という認識は持っていない」と強調。「契約解消については取締役会で真摯に検討する」と話した。

 王将フードサービスの第三者委員会が公表した調査報告書のポイントは次の通り。

 一、平成5年から18年にかけ、土地建物などの購入をめぐり特定の人物が関与する企業グループと不適切取引を繰り返し、計約200億円を流出。

 一、過去の不適切な取引の実態を社内報告書としてまとめていた。

 一、渡辺直人社長は記者会見で、この人物が「反社会勢力に属しているという認識はない」と説明。

 一、現経営陣と反社会勢力との関係については確認されなかった。