産経WEST for mobile

【関西の議論】続・スーパー南京虫…「かゆくて寝られない」被害者絶叫に大手清掃会社も駆除本腰 〝爆買い特需〟宿泊業界ピリピリ

記事詳細

続・スーパー南京虫…「かゆくて寝られない」被害者絶叫に大手清掃会社も駆除本腰 〝爆買い特需〟宿泊業界ピリピリ

関西の議論更新

 市販の殺虫剤が効かない南京虫(トコジラミ)、いわゆる「スーパー南京虫」の被害が、昨今の訪日外国人の増加と比例して全国的に拡大している。南京虫は吸血性の昆虫で、被害に遭えば「強烈なかゆさで一睡もできない」ほど。インターネット上ではこうした報告があるたびに、「どうしたらいいのか」などと困惑する声も上がっている。“爆買い特需”にわく宿泊業界も対策に神経をとがらせるが、スーパー南京虫の増殖を逆にビジネスチャンスととらえる企業も現れている。(吉村剛史)

<< 下に続く >>

上海の高級ホテルで“眠れない夜”

 「夜中にかゆみを感じて起きたら、南京虫に何カ所も刺されていて、ぷっくりとはれ上がっていた。フロントにクレームをつけた」

 昨年夏、上海へ出張した際に南京虫の被害にあったという関東在住の40代の男性ビジネスマンはこう振り返る。

 この男性が“眠れない夜”を過ごしたのは、バックパッカー向けの安宿ではない。同地の浦東地区にある世界的に知られる5つ星の高級ホテルでの話だ。

 男性によると、ホテルにチェックインした際に、ベッドのシーツがザラザラで違和感があったという。「ホテルの格を考えたら、出入りのクリーニング業者が持ち込んだのかもしれない」とこの男性は指摘する。その後、出張先のホテルでは、神経質なまでにベッド周辺を事前に確認するようになった。

 南京虫は、日本では約40年前に制圧されたはずだった。しかし、ここ数年の訪日外国人の増加に比例して、大阪、東京をはじめ全国の保健所への相談件数が急増。大繁殖の兆しを見せていることから、宿泊施設をはじめとした関係各所は警戒感を強めている。

 大阪府内のホテル経営幹部は、「南京虫の駆除では何度も業者を呼んでいる」と実情を明かす。このホテルでは、中国を中心に東南アジアなどからの宿泊客が多く、南京虫の発生頻度は「その増加に比例して高くなってきた」という。

 南京虫は昼間は物陰など暗い場所に隠れてしまうため、入念な清掃を心がけていても発見は困難で、「結局、宿泊客から被害の訴えがあり次第、業者を呼んでいるのが実情です」とこの幹部は説明する。

 そのうえで、「急増する宿泊需要に応じていくのも業界の使命。南京虫問題とも向き合うしかない。客室の稼働率アップによる増益とその“副作用”による支出配分は、とても悩ましい問題です」と頭を抱える。

ビジネスチャンスに米国の最新技術導入

 専門家によると、スーパー南京虫の駆除は一般家庭では非常に難しいとされる。

 最近、先進国で増殖しているスーパー南京虫は、市販のピレスロイド系殺虫剤に耐性を持っている。高熱の蒸気などで処理するか、業者用の有機リン系液剤で駆除するかが有効な対処法だが、いずれも業者に頼らざるを得ないのが実情だ。