産経WEST for mobile

【衝撃事件の核心】「猫ちゃん」刺繍の主婦が巨大ブランドに挑んで勝った! 「P&J」の上から目線に腹を据えかね…

記事詳細

「猫ちゃん」刺繍の主婦が巨大ブランドに挑んで勝った! 「P&J」の上から目線に腹を据えかね…

衝撃事件の核心更新

 家族のために手縫いで仕上げた愛らしい猫の刺繍(ししゅう)をめぐって、奈良県在住の主婦と、世界展開する人気ファッションブランド「ポール&ジョー」(P&J)の側で、ガチンコのバトルが繰り広げられた。主婦の刺繍は趣味のレベルを超越し、インターネットで画像を見た海外の人から引き合いが来るほどのクオリティー。しかし何の承諾もなしに、そっくりのデザインが施されたハンカチを同ブランドから販売された、というのだ。「ハンカチ1枚でも声を上げる!」。主婦は著作権を侵害されたとして販売差し止めを求めて大阪地裁に提訴した。〝アリと巨人〟の戦いを制したのは-。

<< 下に続く >>

もともとは家族のため

 訴えたのは、奈良県橿原市のhirokoさん。

 訴状によると、hirokoさんは平成25年4月ごろ、家族のリクエストに応じ、白いシャツの左胸あたりに猫の顔を刺繍した。

 ネットの画像を参考に作った刺繍は、ちょうど胸ポケットから猫が顔を出したようなデザインになっており、今にも動きだしそうなほどの完成度の高さだ。

 このシャツを撮影してネット上の画像共有サイトに投稿すると、国内外から「販売はしていないのか」と問い合わせが殺到。hirokoさんは趣味で刺繍をしているだけと、最初は断っていたが、ある英国人男性の熱心な依頼を受けて発注に応じた。

 それをきっかけに、できる範囲で注文を受け付けるようになり、猫刺繍のシャツを個人で販売するようになった。

 その年には米ハフィントン・ポスト紙にhirokoさんの刺繍を紹介する記事が掲載されたほか、昨年には作品が書籍化されるなど、刺繍アーティストとして一躍、知られる存在となった。

突然のメールで…

 昨年7月のある日、hirokoさんはP&Jのライセンスマネジャーを名乗る人物から1通のメールを受け取った。

 P&Jといえば、日本だけでなく欧米、アジアにも多数の店舗を構える世界的ファッションブランド。本社はフランスで、猫や花などのプリント柄が特徴だ。少女らしい、もしくは女性がひかれるものを表すガーリーなデザインで知られ、若い女性の人気が高い。

 訴状によると、メールの内容は以下のようなものだった。

 「あなた様の刺繍猫ちゃんのデザインと弊社の展開予定の2015年(コレクション)の猫ちゃんのデザインが類似していることを知りました」

 ついては2016年のコレクションでコラボしたいので、P&Jのディレクターと一度会ってほしい-。

 hirokoさんは突然のメールに困惑した。このときの気持ちを、後にブログにこうつづった。

 「ハァ?(コラボしたいとか一度も言ってないぞ。侮辱という文字がよぎります)」

 hirokoさんはすぐには回答できないと返信した。するとP&J側からはこんなメッセージが返ってきたという。

 「猫の刺繍の商品を弊社が扱うことに関して何の問題もないか、メールにてで構いませんので早急にコンファーム(※確認、追認の意)いただけますでしょうか」

メールを無視すると…

 hirokoさん側によると、その後のメールのやり取りで分かったP&J側の言い分とは、

 (1)hirokoさんの刺繍と、P&Jの商品は似ているが、偶然の一致である

 (2)P&Jとしては刺繍の元になった猫の画像の所有者と合意を結んでいる

 (3)刺繍の画像の使用権はhirokoさんにあるわけではない

 hirokoさんは猫の刺繍を作る際、ネットにあった猫の画像を参照した。その画像の持ち主に許諾を得ようとメールを送ったが返信はなかったという。

 このため、この猫の刺繍は家族のためのシャツのみに留め、注文があった際はそれぞれ依頼主から別の猫の画像を送ってもらい、それをもとに作っていた。

 しかし、P&Jはオリジナルの画像所有者の合意を取り付け、この猫の使用権はこちらにある、と示唆したわけだ。

 怒り心頭のhirokoさんはメールを無視した。気持ちを察したのか、P&J側は改めて代理人を通じてメールを寄越し、その中で非礼をわびたというが、デザインの酷似は偶然の一致として、再びコラボを打診してきたのだという。hirokoさんはこの申し出を断った。

 そんなやりとりがあった後、hirokoさんはP&Jの姉妹ブランドである「ポール&ジョー シスター」のハンカチに、猫のデザインが施されていることを知る。自分の刺繍とハンカチの猫の画像を重ね合わせてみた。

 「私の刺繍画像そのものではないですか!」

「著作権が発生」と訴え

 「ハンカチ1枚でも個人のクリエーターとして声を上げねばいけない」

 hirokoさんは作り手としてのプライドをかけて27年10月、ハンカチの即時販売停止と廃棄を求め、P&J側に「警告書」を送った。

 対するP&J側は、hirokoさんの刺繍に著作権は認められないと応じなかったという。hirokoさんは今年1月、国内でP&Jシスターのハンカチをライセンス製造・販売している会社とネットで販売している会社の2社を相手取り、大阪地裁に差し止めを求める訴訟を起こした。

 hirokoさん側は、ハンカチのプリントについて「明らかに刺繍の画像を一部加工したに過ぎない画像だ」と指摘。「猫の顔のバランスや目、鼻、口の配置が一致し、刺繍における色の組み合わせや刺繍糸の指し方など、本質的な特徴が同じだ」と訴えた。

 刺繍そのものの創作性についても「単に写真に写った猫をそのまま引き写したわけではない」と主張。猫の表情を生き生きと表現するために、糸の種類、組み合わせ、針の刺し方を無限の選択肢から選んだ創作物であり、美術の範囲に属する著作物だ-と。

一転和解、その内容は…

 訴訟でも真っ向対立が予想されたが、どういった事情の変化か、一転してP&J側から和解の申し入れがあった。

 和解内容は、P&Jは刺繍にhirokoさんの著作権が存在することを認める▽ハンカチの販売や展示を差し控える▽hirokoさん側は訴訟を取り下げる-といったもの。2月19日付で裁判外の和解が成立し、P&Jは公式サイトでこのことを表明した。

 1人のアーティストの訴えを、巨大ブランドが真摯(しんし)に受け止めた、hirokoさん側の完全勝訴といえる和解だった。

 これを受け、hirokoさんは「私は同じような問題を抱えている個人の弱小な立場のイラストレーターさんや写真家さんにも『個人が企業に何か言っても無駄』ではなかったことを伝えたいです。(しんどかったけど)」とブログに心境を書いた。

 一方、P&J側の代理人は取材に「答えられない」とした。