産経WEST for mobile

男児らに「下半身見せてくれたら、焼きイモあげる」…57歳販売業者を書類送検「ウケ狙い、100回はやった」 京都府警

記事詳細

男児らに「下半身見せてくれたら、焼きイモあげる」…57歳販売業者を書類送検「ウケ狙い、100回はやった」 京都府警

更新

 男児に「下半身を見せたら焼きイモをあげる」と要求し露出させたとして、京都府警山科署は18日、府迷惑行為防止条例違反(卑わいな行為)と府青少年健全育成条例違反(わいせつ行為)の疑いで、大阪府東大阪市の焼きイモ移動販売業者の男性(57)を書類送検した。下半身を見せた男児に焼き芋を無料で渡していた。同署によると容疑を認め、「子供が好きで、受け狙いだった」などと供述しているという。

<< 下に続く >>

 送検容疑は昨年12月27日、京都市伏見区の団地の路上で、焼きイモを車で販売していた際、遊んでいた男児(6)2人に対し「下半身を見せてくれたら焼きイモあげる」などと要求、児童に露出させたとしている。

 男性は焼きイモの移動販売車で現場を訪れ、集まった4~6歳の男児6人に、「下半身を見せてくれたら焼きイモあげる」と要求。実際に見せた児童に、焼きイモを無料で渡していたという。男児が焼きイモを持って帰宅したことに気がついた母親が、理由を尋ねたことで発覚、同署に通報した。

 同署は、焼きイモの移動販売業者に職務質問を行うなどの警戒を続けており、2月23日、山科区内の路上で「焼きイモ屋がきている」と近隣住民から通報があり、駆けつけた署員が男性の車両を発見、事情を聞いたところ、容疑を認めたという。1月11日にも山科区内で男児(5)に対し、同様の犯行を行ったことを認めている。

 同署によると、男性は、京都以外にも、大阪や三重、和歌山などまで車で移動し焼きイモを販売、焼きイモが売れない夏には、かき氷やわらび餅の販売を行っていたといい、「(同様の犯行を)10年くらい前からやっている。これまで100回はやった」などと供述している。

 動機については、「子供が好きで、最初は商品にならない焼きイモを無料であげていた。子供は下品なことをいうと受けるので、受けを狙おうと思って、エスカレートしていった」などと説明。「2度とやらない」と反省した上で「今後も焼きイモ販売を続けたい」と話しているという。