産経WEST for mobile

【福岡予備校生刺殺】「彼氏いないと嘘つかれた」 少年、被害女性とLINEで頻繁にやりとり

記事詳細

「彼氏いないと嘘つかれた」 少年、被害女性とLINEで頻繁にやりとり

福岡予備校生刺殺更新

 福岡市西区で予備校生の北川ひかるさん(19)を刺殺したとして同じ予備校に通う少年(19)が逮捕された事件で、北川さんと少年が無料通信アプリLINE(ライン)を使って頻繁にやりとりしていたことが12日、捜査関係者への取材で分かった。

<< 下に続く >>

 少年が福岡県警の事情聴取に「北川さんに対して好意があり、彼氏がいるのか尋ねたところ『いない』とうそをつかれた」という趣旨の話をしていることが既に分かっている。県警はラインでのやりとりが事件につながった可能性もあるとみて、携帯電話の通信記録の解析を急いでいる。

 少年は2月27日夜に西区の路上で北川さんの首などを刃物で刺して殺害したとして今月11日に殺人の疑いで逮捕された。ナイフ2本と小型のおのをインターネット通販で購入した形跡があり、県警はこれらを使ったとみている。北川さんが受けた傷は数十カ所に上り、死因は出血性ショックだった。2人は福岡市内の同じ予備校に通い、他の数人を含むグループで親しくしていた。