産経WEST for mobile

【徳島大汚職】304万円収賄罪の元慶応大准教授に有罪判決 大阪地裁「長期にわたる癒着」認定

記事詳細

304万円収賄罪の元慶応大准教授に有罪判決 大阪地裁「長期にわたる癒着」認定

徳島大汚職更新

 徳島大病院の医療情報システム関連の契約で、業者に便宜を図った見返りに現金を受け取ったとして、収賄罪に問われた元同病院情報センター部長で元慶応大准教授、森川富昭被告(45)の判決公判が9日、大阪地裁で開かれた。西野吾一裁判長は「特定企業と長期にわたり癒着し、強い非難を免れない」として懲役2年6月、執行猶予4年、追徴金約304万円(求刑懲役2年6月、追徴金約304万円)を言い渡した。

<< 下に続く >>

 判決によると、森川被告は平成22~24年、システム関連の契約で便宜を図った謝礼などとして、システム開発会社「ダンテック」の元代表取締役、高橋徹被告(51)=贈賄罪などで起訴=から8回にわたり計約304万円を受け取った。