産経WEST for mobile

【山口組分裂】山健組前爆発事件で松葉会系組長逮捕 実行役に犯行を指示か 兵庫県警

記事詳細

山健組前爆発事件で松葉会系組長逮捕 実行役に犯行を指示か 兵庫県警

山口組分裂更新

 指定暴力団山口組から離脱した山健組の本部事務所(神戸市中央区)前で平成22年に起きた爆発事件で、兵庫県警暴力団対策課などは14日、爆発物取締罰則違反と建造物損壊の両容疑で、指定暴力団松葉会系組長、関孝司容疑者(67)=福島県いわき市東田町=を逮捕した。容疑を否認しているという。

<< 下に続く >>

 県警は8月、両容疑で爆発事件の実行役とみられる元住吉会系組員の男(56)=両罪で起訴=と、兄で元松葉会系組員の男(60)=処分保留で釈放=を逮捕。県警は、関容疑者が2人に犯行を指示していたとみており、山健組とのトラブルの有無などを調べている。

 逮捕容疑は22年11月1日未明、当時山口組の傘下組織だった神戸市中央区花隈町の山健組本部事務所先の路上で手榴弾を爆発させ、事務所向かいの無職男性(86)宅の外壁や窓ガラスを壊したとしている。