産経WEST for mobile

催涙スプレー、ナイフ…「韓国人武装すり団」元メンバーが日本に再入国 複数の窃盗事件に関与か 大阪府警捜査

記事詳細

催涙スプレー、ナイフ…「韓国人武装すり団」元メンバーが日本に再入国 複数の窃盗事件に関与か 大阪府警捜査

更新

 約10年前に首都圏を中心に犯行を繰り返した「韓国人武装すり団」の元メンバー2人が日本に再入国し、5月に大阪市内でバッグを盗んだとして窃盗容疑で逮捕されていたことが22日、捜査関係者への取材で分かった。2人は西日本各地で複数の窃盗事件に関与した疑いがあり、大阪府警が関連を慎重に捜査している。

<< 下に続く >>

 捜査関係者によると、2人はいずれも韓国籍で住所不定、無職の金上煥(キム・サンファン)(49)と李橿●(=日へんに文)(イ・カンミン)(54)の両被告=いずれも窃盗罪で起訴。2人は大阪市西区のショッピングモールで5月、女性のバッグを盗んだとして、6月10日に府警に逮捕されていた。

 2人は過去に武装すり団に所属。金被告は3月に日本に密入国したという。

 大阪府河内長野市の郵便局では、4月に強盗致傷事件が発生。他人の通帳から現金を引き出そうとした男が局員にスプレーを吹き掛けて逃走した。通帳は直前に同市内のスーパーで置引されており、防犯カメラには4人組が写っていた。

 武装すり団はナイフや催涙スプレーを使った荒っぽい手口で知られ、東京都荒川区のJR西日暮里駅では平成18年、警察官にメンバーが催涙スプレーを噴射し、約30人が手当てを受ける事件も起きていた。