産経WEST for mobile

【巡査長女性殺害】巡査長「結婚隠して付き合っていた」 大阪府警が懲戒免職

記事詳細

【巡査長女性殺害】巡査長「結婚隠して付き合っていた」 大阪府警が懲戒免職

更新

 交際相手の女性を殺害したとして殺人容疑で逮捕された大阪府警阿倍野署の巡査長、水内貴士容疑者(26)が府警の調べに「自分が結婚していることを隠して女性と付き合っていた」と話していることが13日、捜査関係者への取材で分かった。犯行の動機について、女性から交際の事実を妻(26)や警察に告げるといわれ、「剣道を続けたいという夢や仕事、妻との将来がパアになると思ってやった」と供述しているという。府警監察室は「酌量の余地はない」として同日付で同容疑者を懲戒免職処分とした。

 また、不適切な交際の末の殺人という結果の重大性を考慮して上司の監督責任を問い、阿倍野署の男性署長(60)を本部長注意の処分とした。

 大阪地検は同日、殺人罪で水内容疑者を起訴した。水内被告は起訴内容を認めているという。

 起訴状によると、水内被告は大阪市東住吉区東田辺のマンションで1月24日午前、住人の社会福祉士、白田光さん(23)の首を締め窒息死させたとしている。水内被告は同25日に府警に逮捕された。

 府警によると、処分については阿倍野署長が13日午前、府警本部の留置場で言い渡した。水内被告は黙って処分を聞き、「申し訳ありませんでした」と話したという。これまでの調べに「本当に取り返しのつかないことをしてしまった。被害者や遺族、自分の家族に申し訳ない気持ちです」と述べていた。

 水内被告は東日本大震災の復興支援で宮城県警に出向していた平成25年5月ごろ、同県内の大学生だった白田さんと交際を始めた。大阪府警に帰任後の昨年8月に妻と結婚したが、白田さんは今年1月にフェイスブックで結婚式の写真を見つけるまで既婚者だと気づいていなかったという。

ランキング