産経WEST for mobile

【巡査長女性殺害】「殺害後に鑑識用の足カバーと手袋使った」 殺人容疑の巡査長供述

記事詳細

【巡査長女性殺害】「殺害後に鑑識用の足カバーと手袋使った」 殺人容疑の巡査長供述

更新

警察の鑑識活動で使われている足カバーや手袋 交際女性を殺害したとして大阪府警阿倍野署巡査長、水内貴士容疑者(26)が逮捕された事件で、水内容疑者が「犯行後に部屋で鑑識用の足カバーと手袋を使った」などと供述していることが12日、捜査関係者への取材で分かった。凶器のベルトとともに同署のごみ集積所から見つかっていた。現場に足跡や指紋が残らないようにしたとみられる。

 捜査関係者によると、水内容疑者は交際していた社会福祉士の白田(しらた)光(ひかる)さん(23)について「カッとなり、かばんにあったベルトで首を絞めた」と供述。殺害後、遺体を浴槽に運んだことを認めているが、その後、足カバーと手袋を使用したという。ベルトからは白田さんのものと一致するDNA型が検出された。

 府警は、水内容疑者が手袋や足カバーを着用して指紋や足跡を残さないようにした上、電子レンジでスマートフォンも加熱するなどし、証拠隠滅を図ったとみている。一方、足カバーと手袋も水内容疑者のかばんに入っていたが、ベルトと同様「たまたま入っていた」と話したという。

 捜査関係者らによると、足カバーはくるぶしから下全体を覆うような形状で、現場を汚さないための備品。警察署や交番に置いてあり、署員なら持ち出すことができるという。

ランキング